枯白
koku



仕事

works


展示室

gallery


おしらせ

information


ところ

location

 




兵庫県姫路市で、主に木と鉄を使用した作品を制作しています。


木も、鉄も、日々の生活のなかで使っていくうちに
人の肌に含まれる水分や油分によってより深く趣を増します。


「枯」という字には
人やものが練れて深みが増す、円熟した深い味わいが出てくる。
という意味が含まれています。


また「白」には、
新しさや、ものごとがはじまる原点のような新鮮さ
という意味をもっています。


最近では木と鉄に加え、ステンレスや銅、革、硝子などを使用し、
素材そのものがもっている魅力をどのように活かすか考えながら
イメージスケッチを形にしています。


作品が、経年の中で使う人のものとしてあじわい深く枯れ、
よりいと白い表情になれば幸いです。










KOKU is  a furniture workshop in Hyogo Japan.
We use mainly wood and iron. Both will become more mature over time.

[ 枯 ] means to have an antique look.
 [ 白 ]  means the color white.
Together these symbols mean [ renewal ].

This is our aesthetic philosophy.
We hope every product will become more beautiful with use.
 
First we choose our raw materials with care,
then we make a sketch and then we create.
We hope our products will age beautifully and have a long life.








工房
workshop







  


top

枯白  仕事  展示室  おしらせ  ところ  お問い合わせ

copyright koku. All Right reserved